ガスライフ

給湯器が水漏れしたら超危険!?水漏れ箇所や量をチェックしておくべき理由とは

どんな設備もそうですが、毎日トラブルなく使い続けたいものです。

それは、給湯器にも該当するのではないでしょうか。

給湯器は機械ということもあり、いずれは水漏れをして使えなくなってしまう可能性があります。

そこで今回は、給湯器の水漏れの原因はなんなのか、どう対処すればいいのかをお話しますので最後までチェックしてください。

 

給湯器の水漏れの原因は?まずは落ち着いて対応しよう

 

いつも使っている給湯器に、水漏れが発生してしまった場合、かなり焦ってしまうのではないでしょうか。

「もしかして壊れた?」「修理しないといけないの?」「急に使えなくなったらどうしよう」

そう考えてしまうに違いありません。

まずは落ち着いて、給湯器の水漏れの原因について理解しておきましょう。

 

給湯器内部の金属やゴムが劣化したことによる水漏れ

 

何でもそうですが時間が経てば経つほど、使えば使うほど劣化していくものです。

とくに給湯器の配管接続部分にあるパッキン(ゴム)が硬化したことにより、水漏れをおこしてしまう原因になってしまいます。

このパッキンは水漏れを防いでくれるためのものですが、およそ10年ほどで寿命がやってきます。

 

長時間使っていなかったことによる水漏れ

 

旅行や帰省などで長期間、自宅をあけることもあるはずです。

1~2日程度の旅行であれば問題ありませんが、長期にわたる旅行や出張、帰省などで自宅をあけてしまうと、給湯器が水漏れを

おこしてしまう可能性があります。

長い間給湯器を使わないのであれば、水抜き作業を行う必要があります。

水抜きを怠ってしまった場合、水漏れの原因となってしまいます。

 

凍結による水漏れ

 

冬場でとくに多いのが、凍結による水漏れです。

東北や北陸地方などは真冬になると大雪で氷点下になるイメージがあるため、すぐに給湯器が凍結してしまうのではと考えてしまいます。

しかし、極寒になるエリアはそれ専用の給湯器が利用されているため、凍結が少ない傾向にあります。

意外にも凍結による水漏れは、関東などの暖かい地方に多い傾向にあります。

とくに氷点下になった場合は、給湯器の配管が凍結して膨張がはじまります。

膨張がかさなると配管がそれに耐えきれなくなり、破裂する可能性があります。

 

設置時の取り付けミスによる水漏れ

 

そこまで多くはありませんが、給湯器を設置する際に配管の接続がうまくいかなかった場合に、水漏れをしてしまう可能性があります。

さすがに、取り付け時に業者側のミスの水漏れはあってはならないことですし依頼主に非はありません。

ですから、給湯器を設置してすぐに水漏れが発覚した場合は、取り付けてもらった業者にすぐ連絡するべきと言えます。

 

給湯器の水漏れが発覚したときにやるべきこと

 

給湯器の水漏れをそのまま放置していても、ただただ悪い方向に向かっていくだけですから、すぐにやっておくべきことをお伝えします。

 

給湯器の電源をストップする

 

給湯器の水漏れが発覚したのであれば、兎にも角にも給湯器の使用を中止することが大切です。

なぜなら、給湯器の水漏れをそのままにして利用し続けると、劣化スピードをはやめるだけではなく故障や大きな事故に

つながる可能性があるからです。

また、仮に水漏れそのものが外部ではなく内部で発生していた場合は、より危険度が増します。

ですから、まずはパネル内にある給湯器の電源を切りましょう。

 

給湯器の水漏れ箇所をチェックする

 

給湯器の水漏れかな、と思った場合はその発生個所を特定しておくことをおすすめします。

それは、水漏れの発生原因がいくつもあるからです。

水漏れの発生個所さえ知っておけば、専門業者に伝えやすくなりますし、相手もその情報をもとに、なんらかのアドバイスを

くれる可能性もあります。

 

できれば給湯器本体の電源も切っておく

 

給湯器の水漏れが発覚したら、給湯器のパネルからだけではなく本体の運転も停止するべきと言えます。

もし、水漏れが起こっていて長く放置してしまうと、その分の料金が上がってしまい無駄に費用を支払うことにもなりかねません。

 

給湯器の専門業者にお任せする

 

給湯器の水漏れは、場合によっては素人が触るととても危険な場合があります。

無理して知識のないまま対応してしまうと、大きな事故にもなりかねません。

ですから、少しでも心配だったり自信がなかったりするのであれば給湯器の専門業者にお任せするべきと言えます。

 

給湯器の水漏れは修理するべきか交換するべきか

 

給湯器が水漏れしていると、そろそろ寿命だから交換しないといけないのかと思ってしまうのかもしれません。

しかし、その考えは間違っている可能性があります。

なぜなら給湯器の水漏れは、絶対に交換しないといけないわけではないからです。

実は給湯器の耐用年数は、10年くらいと言われています。

つまり、この10年前後を利用していて水漏れを見つけた場合は交換するべきと言えます。

逆に、1年や2年しか使っていなくて水漏れが発覚したのであれば、修理になる可能性があります。

ただし、一時的な水漏れの場合は何も心配する事はありません。

なんにせよ、修理だろうが交換だろうが給湯器の水漏れを見つけたのであれば、専門業者にいちど確認してもらうべきではないでしょうか。

 

自分で給湯器の水漏れを修理できる?できない?

 

給湯器の水漏れくらいであれば、DIYの感覚でなんとかできるのでは、と考えてしまうことでしょう。

たしかに、給湯器の水漏れの修理や交換を専門業者にお願いすれば、いくらかのお金がかかってしまうため自分でなんとかして

みようと思うのは当然のことです。

ある程度、給湯器にかんする知識をお持ちであれば自分で修理できるかもしれません。

しかし、知識もなく自分で修理をするのはとても危険なことと言えます。

出費を少しでも抑えたいという気持ちはありますが、大きな事故になってしまっては元も子もありません。

ですから、リスクのことを考えるのであれば給湯器の専門業者にお任せするようにしましょう。

 

給湯器の水漏れに気付いたのなら他にも不具合がないかをチェック

 

もし、給湯器の水漏れに気付いたのであれば他にも不具合が発生している可能性があります。

ですから、水漏れのチェックと一緒に他の不具合も確認できるようでしたら見ておきましょう。

たとえば、お湯の出が悪くなってきたり温度調整がうまくいかなかったりする場合は、給湯器の不具合の可能性があります。

 

給湯器の専門業者にスムーズに問い合わせをするためには

 

給湯器の修理、交換に関する問い合わせをする際に、スムーズに伝えることができれば時間の短縮にもなりますし

適切な処置もしてくれることでしょう。

もし、給湯器の専門業者に問い合わせをするのであれば、水漏れ箇所をはじめ、水漏れの量、凍結の有無、

どれだけ使用しているのか、その他不具合はないのかどうかを確認しておくとベストです。

 

まとめ

 

ここまでのことをまとめますと、

 

・給湯器の水漏れはかならずしも修理や交換対象になるわけではない

・給湯器の水漏れを自分で修理しようとすると危険を伴ってしまう

・給湯器の水漏れは専門業者にお任せするのが安心

・専門業者に問い合わせする前に水漏れ箇所などをチェックしておくこと

 

給湯器の水漏れを発見したのであれば、勝手な判断をせずに専門業者に問い合わせすることをおすすめします。