ガスライフ

給湯器の買い替えでかかる費用や期間はどれくらいかかるの?その真実に迫る!

これから給湯器を買い替える人であれば、かならず気になることがあります。

 

それは、給湯器の買い替えによる費用感や期間がどれくらいかかるのかではないでしょうか。

 

できれば少しでも安くしたいですし、現在の給湯器が壊れているのであれば、なるべくはやめに交換したいものです。

 

そこで今回は、給湯器の買い替えでどれくらいの費用がかかるのか、交換に関する期間はどれくらいかかるのかをお伝えします。

 

給湯器の買い替えでかかる費用

 

給湯器の買い替えでもっとも気になることと言えば、費用に関することです。

 

早速、給湯器の買い替えにかかる費用について見ていきましょう。

 

ただし、メーカーや機種、業者によって費用は大きく異なるため、あくまで参考程度にとどめてください。

 

給湯専用

 

キッチンなどに利用される給湯専用のガス給湯器の場合、16号で12万円、20号で13万円、24号で14万円程度が定価となっております。

 

給湯専用ですから、シンプルですし安く導入したい場合はおすすめの給湯器です。

 

追い焚きふろ給湯器

 

追い焚きふろ給湯器は、お風呂を沸かすさいの追い焚き機能が付いたガス給湯器です。

 

追い焚きふろ給湯器には、オートタイプとフルオートタイプの2種類があります。

 

オートタイプは、16号が26万円、20号が29万円、24号が31万円程度が定価となっています。

 

フルオートタイプは少し高くなり、16号が30万円、20号が33万円、24号が35万円程度が定価となっています。

 

暖房機能付き追い焚きふろ給湯器

 

給湯はもちろん、追い焚きや床暖房や浴室暖房乾燥がついた高性能なガス給湯器です。

 

オートタイプは、16号が33万円、24号が37万円、フルオートは16号が36万円、24号は40万円程度です。

 

給湯専用エコジョーズ

 

給湯専用エコジョーズは、20号が21万円、24号が23万円となっております。

 

追い焚きエコジョーズ

 

追い焚きができるエコジョーズは、オートタイプで16号が30万円、20号が33万円、24号が35万円です。

 

フルオートタイプは、16号が34万円、20号が37万円、24号が39万円です。

 

暖房機能付き追い焚きふろ給湯器のエコジョーズ

 

給湯はもちろん、追い焚きやお湯はり、保温機能などがついたエコジョーズです。

 

オートタイプは、20号が38万円、24号が39万円、フルオートタイプは20号が41万円、24号が42万円となっております。

 

このように、さまざまなタイプとサイズがあり、それによって料金が大きく異なってきます。

 

また、業者によっては定価ではなく大きく割引販売をしている可能性が高いため、問い合わせてみるべきと言えます。

 

給湯器の買い替えにかかる期間

 

もし、給湯器を交換する時期がきたときに、どれくらいの時間を要するのでしょうか。

 

給湯器の種類にもよりますが、交換だけであればはやくて数時間で完了します。

 

できれば余裕をもって半日ほど見ておけば、安心と言えます。

 

それ以外の時間は、見積もりや本体の準備などで変わってきますので事前に業者へ確認しておきましょう。

 

工期をなるべくはやくするためには

 

給湯器の交換で半日かかるので、少しでも短くしたいとお考えの人は非常に多いのではないでしょうか。

 

そこで、少しでも工期を短くするためのポイントをお伝えします。

 

まず、スムーズに給湯器を取り付けるために、現在使っているメーカーと同じ燃料を選ぶようにしてください。

 

たとえば、もともとリンナイのガス給湯器をお使いでしたら、新しいのも同じガス給湯器にするべきと言えます。

 

仮に、ガス給湯器ではなく電気や石油に変えるとなると根本から変更しないといけないので、多くの時間がかかってしまいます。

 

給湯器の買い替え時期について

 

実は給湯器は、ある程度の年月で交換するタイミングがあるということをご存知でしたでしょうか。

 

その期間は10年と言われています。

 

また、補修用の部品などは10年くらいでなくなってしまいますので、10年を超えての修理になりますと、そもそも部品がない可能性があります。

 

もちろん、使用環境によって10年経たずして壊れることがありますし、逆に15年ともってくれることもあります。

 

メーカーの使用期間が10年と決められているため、その期間が経過する段階で買い替えを検討するべきです。

 

ですが、給湯器に異常がないのに10年経ったからと言って交換するのはおすすめしません。

 

そこで、どのタイミングで給湯器を買い替えるべきなのかをお伝えします。

 

お湯がぬるくなった

 

せっかく給湯器を利用しているのに、なぜかお湯がぬるくなることがあります。

 

それは、給湯器の寿命かもしれません。

 

もし、設定したお湯よりかもぬるいお湯がでるようであれば故障の可能性があるため、交換を検討するようにしましょう。

 

エラーコードの表示が多発する

 

給湯器を長いこと使っていると、リモコンに見慣れない数字が表示されることがあります。

 

それは給湯器に何かしらの不具合があるために、お知らせをしてくれているからです。

 

しかしエラーコードはひとつだけではなく、何十種類もありますため、自分で対応できるものもあれば、プロにお願いしないといけないものもあります。

 

まずは、給湯器のリモコンにエラーコードが表示されているようでしたら、取扱説明書やメーカーのホームページを見て対応するようにしましょう。

 

黒煙がでる

 

さすがに給湯器から黒煙がでると、びっくりするはずです。

 

もし、白い煙ではなく黒煙が噴出しているようでしたら不完全燃焼を起こしている可能性があるため、すぐに利用をストップしてください。

 

そして、無理に自分でなんとか修理をするのではなく、プロにお任せするようにしましょう。

 

異音がする

 

給湯器を利用していると、心配になるような異音を発することがあります。

 

その場合は、給湯器が調子が悪く故障している可能性があります。

 

当然、給湯器の異音に気付いているのにそのまま使い続けると、大きな事故になる可能性があるため、使用は辞めましょう。

 

給湯器の買い替えで注意するべきこと

 

給湯器を買い替えする場合、いくつか気をつけるべきことがあります。

 

業者選びを適当にしてはいけない

 

給湯器はとても需要がありますので、取り扱っている業者やメーカーが多く存在しています。

 

適当に近所の業者にお願いするのは、辞めておくべきと言えます。

 

なぜなら、業者によって料金もサービスも対応も異なるからです。

 

できれば、少しでも安くサービスも良くしてほしいと思うはずです。

 

まずは、気になる業者があればホームページをチェックしてみてください。

 

業者によっては、給湯器の価格やサービス内容を表記しているため、ある程度の費用感がわかります。

 

また、良さそうな業者があればかならず問い合わせをしてみてください。

 

ホームページの内容が良くても、業者の対応が悪ければ施工も適当な可能性があるからです。

 

できれば相見積もりをしておく

 

もし時間に余裕があるのでしたら、いくつかの業者に見積もりをしておくべきと言えます。

 

業者によって料金が異なりますので、できるだけ予算にあったところを選ぶようにしましょう。

 

しかし、安ければいいというわけではありませんので、本体代や施工費、アフターサービスまでをトータルで見るようにすることをおすすめします。

 

まとめ

 

給湯器の買い替えを検討する場合、故障の有無や交換時期、業者選びをしっかり判断することがとても重要です。

 

もし、少しでも安く給湯器を買い替えたいのであれば、相見積もりをして比較するようにしましょう。